厄介なトラブル

キーボード操作する手

パソコンの故障の中でもhddの故障は一番厄介なもので、できれば避けたいものです。 故障した箇所がhdd以外のマザーボードやCPU、ビデオカード、電源、冷却装置などであればその部品を新しいものに交換することで事なきを得ますがhddの場合はそういうわけには行きません。 hddが故障したときの一番も問題点はその中に保存されていたデータが無くなってしまうということだからです。 パソコンの部品というものは突然に壊れてしまうということが多く、壊れてしまってから新しい部品に交換するということが一般的です。 そのため、hddの故障というものはデータを消失してしまうという点で致命的な問題を生じさせてしまうことになるので、常にバックアップなどを取る習慣をつけておくことが大切になります。

しかし、普通の人でしっかりとバックアップを取っている人は少なく故障によりそれまでのデータをすべて無くしてしまうことが殆どです。 そんなバックアップを取っていない人の最後の希望がhddの復旧というものです。 hddの故障には物理障害と論理障害があり、物理障害はhddの機器自体に問題があるということに対して論理障害は、その中にあるデータに問題があるということです。 この故障の判断方法として、外付けのhddに入れてみても認識しない場合は物理的に壊れている可能性が高いといえます。 もしこれで認識したのならば復旧できる可能性があるので、フリーのものや市販の復旧ソフトなどを試してみてください。 物理的に壊れている場合で、なんとかデータを取り出したいという方は自力では難しいので専門のデータ復旧業者に依頼することになります。